江頭歯科

TEL:0956-25-3333お気軽にお問合せください。

江頭歯科

トップページ >診療案内 > 摂食・嚥下リハビリテーション

「食べる」という行為は、生命維持に必要な栄養を取り入れる、味を楽しむ、食事の場面を通じてコミュニケーションを楽しむなど、私たちの生活においてとても大きな意味を持ちます。「食べる」ことは、脳にある摂食中枢と嚥下中枢からの指令で口や喉を動かして、外部から水分や食物を口に取り込み、胃へ送り込むことで、これを「摂食・嚥下」の運動といいます。
この運動に支障を来すのが摂食・嚥下障害であり、食物を飲み込もうとすると気管へ入ってむせてしまう、食道へ入っていかず喉に残ってしまう、というような症状が特徴的にみられます。原因としては、脳卒中やパーキンソン病などの神経や筋肉の病気、あるいは舌・咽頭・喉頭癌などがあります。
摂食・嚥下障害で生じる問題は肺炎・窒息・低栄養・脱水など生命の危険に直結する、とても深刻なものばかりです。
また、食べることの障害は、医学的リスクだけでなく、食べる楽しみを失うという生活の質(QOL)の観点からも重要になります。
摂食・嚥下リハビリテーションでは、患者さんが安全かつ楽しく生活できるよう、栄養摂取の方法を確立することを目指します。
患者さんに合わせた食事や栄養摂取のスタイルを確立することが、嚥下リハビリの最大の目標です。
※こちらのページは現在準備中です。