江頭歯科

TEL:0956-25-3333お気軽にお問合せください。

江頭歯科

トップページ >診療案内 > 矯正治療

歯ならびを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。
そして治療がすめば健全な歯の咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

不正咬合よる心体への影響

悪い歯並びを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。

江頭歯科

食べ物が歯の間にはさまり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい。

江頭歯科

食べ物をよく噛み砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。

江頭歯科

上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。

江頭歯科

上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。
構音機構に影響して、正しい発音がしにくくなる。
視力低下の原因になるといわれ、学力低下を招きやすい。

江頭歯科

咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる。

矯正治療は不正咬合を正常咬合にする歯科治療

正常咬合になれば、多くの問題が解決できます。
上下の歯が正しくかみ合い歯の接触面積が広くなり、咀嚼効率が向上し、食べ物の消化・吸収が促進され、心身共に健康な成長発育を示します。
また、健全な咀嚼運動は脳神経の血流を促進し、老化防止にもつながります。

不正咬合のいろいろ

叢生(そうせい) 舌ぐい歯・八重歯

あごが小さかったり、あごに対して歯の生える場所が足りないので、凹凸に生えたり、重なり合って生えます。

江頭歯科

治療前→治療後

空隙歯列弓(くうげきしれっきゅう) すき歯

あごが大きかったり、歯の幅が小さい場所に起こります。
歯の間が開いてて、歯列にすき間ができています。

江頭歯科

治療前→治療後

過蓋咬合(かがいこうごう)

かみ合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっています。

江頭歯科

治療前→治療後

切端咬合(せったんこうごう)

上下の前歯が先端でかみ合う状態になっています。

江頭歯科

治療前→治療後

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 出っ歯

上の前歯や歯全体が前に突き出ている状態をいいます。

江頭歯科

治療前→治療後

開咬(かいこう)

あごを閉じてかみ合わせても、上下の歯にすき間ができています。

江頭歯科

治療前→治療後

下顎前突(1)(かがくぜんとつ) 受け口・反対咬合

下の前歯が上の前歯より毎に出ています。

江頭歯科

治療前→治療後

下顎前突(2)(かがくぜんとつ) 受け口・反対咬合

あごの骨を移動させる外科矯正手術をする場合があります。
その手術前後に矯正治療をします。

江頭歯科

治療前→治療後

いろいろな矯正装置

治療計画に従って、固定式や取り外し式など、いろいろな装置を組み合わせて使います。

固定式の装置マルチブラケット(全体の治療に使う装置)

江頭歯科

左:メタル製ブラケット 中:プラスチック製ブラケット 右:下側矯正装置
治療内容によっては、使用できない場合もありますが、装置が目立たないような透明なブラケットを用いたり、歯の裏側にセットするなど審美性を考えたものも使われる場合があります。

取り外しのできる装置

江頭歯科