江頭歯科

TEL:0956-25-3333お気軽にお問合せください。

江頭歯科

トップページ >診療案内 > 顎関節症治療

顎(がく)関節症は、いろんな原因が複雑にからみ合って発症するといわれています。
口を開けるとアゴが痛い・大きく口が開けられない。
口を開けるときアゴが音をたてる。
もしこんな症状が思い当たる方は「顎関節症」の疑いがありますので、ご相談下さい。

顎(がく)関節症とは

江頭歯科

顎関節は、両耳の前の部分に一つずつ、合計2つあります。 顎を動かしたときによく動く関節なので、耳の前、頬側に手を当てると顎関節の場所がよく分かります。
ほとんどの体の関節は、曲がる(回転する)ことにより、個々の関節の仕事をしていますが、顎の関節だけは、口を開ける時、回転しながら前へ滑り出すという特異な動きをします。
顎の関節は、口を開けたり閉じたりするときに左右の関節が同時に動きます。
歯と顎の関節は同じ骨の中にあるため、咬み合わせはこれらの動きを助けるものでなければなりません。
しかし、咬み合わせと顎の関節のバランスに問題があると、顎の関節や筋肉にも悪い影響を与えるため、顎関節症が起こりやすくなってしまいます。

顎(がく)関節症の症状

江頭歯科

顎関節症には、「顎の痛み」・「顎を動かすときに音がする」・「口が開けにくい」といった症状や、場合によっては「肩こりや首のこり」・「耳鳴り」・「頭痛」などの全身的な症状がみられます。
これらの原因はいくつかありますが、多くは、上下の歯の咬み合わせが悪く、下の顎が、前・後・横・斜めにずれて咬むことによって起きています。
下顎は、頭から「筋肉」や「じん帯」で吊り下げられた構造になっています。
咬み合わせがずれている場合、何キログラムもある頭を支えている肩や首、多くの筋肉に負担(ストレス)がかかり、バランスがくずれて全身的な症状を表します。
このように咬み合わせは、全身の筋肉のバランスをとるために重要なのです。

顎(がく)関節症治療で行われる検査

江頭歯科

顎の関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある慢性的な疾患のことを「顎関節症」といいます。
痛みや発症の原因には個人差があります。
それぞれの症状に応じて、「薬物療法」やマウスピース状のものをお口に装着する「スプリント療法」、あるいは「理学療法」、かみ合わせを整える「矯正治療」など、治療方法も違います。
様々な検査をし、原因を特定して治療していますあらゆる角度から様々な検査をして、患者様にあった治療計画を立てます。
検査は、施設や患者様の症状の特徴によって異なりますが、主に、視診、触診、顎運動検査、顎関節部の画像診断(エックス線撮影法、エックス線CT、等)などを行います。